1. ホーム
  2. キーの交換による防犯対策

キーの交換による防犯対策

南京錠を持つ人

シリンダーごと交換を

外出時に持ち歩く小物の中でも特に紛失してトラブルに発展しやすいのは、自宅玄関の鍵や車のキーです。合鍵を持っていれば開けることもできますが、紛失したままにしておくのは防犯対策上としても好ましくありません。誰かが鍵を拾って自宅や車に侵入しないとは限らず、現にそうした形で空き巣や車上荒らしの被害も発生しています。被害を未然に防ぐためには紛失してから可能な限り早く専門業者に依頼し、シリンダーごと交換してもらうことが必要なのです。最近の鍵はセキュリティが向上しており、空き巣が通常のピッキング手段で解錠しようとしても簡単にはこじ開けられない仕組みとなっています。ディンプルキーと呼ばれるタイプの鍵はシリンダーも複雑な構造をしており、複製も簡単でないため最も防犯性能が高いものです。鍵の製作を専門としている業者に依頼すれば、緊急時の解錠からシリンダーごとの交換までのあらゆる要望に応えてくれます。地域で営業している鍵業者の中には、営業時間が限られているためすぐには駆けつけられない業者もあります。鍵のトラブルは紛失してからできるだけ早く解決させた方が防犯対策上でも安心できますので、複数の業者が利用可能な地域では迅速性を重視するといいでしょう。年中無休で24時間の電話対応を行っている業者なら、たとえ深夜でも最短の時間で駆けつけてくれるものです。今はそのような業者をインターネットを使って手軽に探せるようになっており、全国に鍵屋のネットワークを持つ業者も少なくありません。最近ではICカードを使って解錠する電気錠システムや、テンキーを使って暗証番号を入力するロック方式も登場してきました。一般住宅でも便利なリモコンキーを導入する例が増えており、住宅を不審者から守るためのセキュリティも向上しています。鍵の紛失を機会として、そのような最新テクノロジーのセキュリティシステムと交換するのも有力な選択肢の1つです。